MENU

「個人戦競技の部活効果」で勉強効率UP!

f:id:kuro10kuroro:20170313094358j:plain

こんにちは、kuroiwaです。

今回は受験期の人間関係

特に友達について

考えてみたいと思います。

 

あなたは、受験期に入ると

勉強に集中したいからといって

友達と疎遠になってませんか?

 

もしそうだとしたら、

残念ながら損をしています。

 

受験のような困難に挑むときは、

一人より集団の方が心強く

お互いを高め合え励まし合えます。

 

一人だと、勉強でうまくいかずに

落ち込んだ時に、立ち直れないかもしれません。

悩みを共有できずに抱え込んで、ストレスが溜まります。

非効率的な勉強を続けることになります。

 

友達がいると

落ち込んだ時は慰めてくれ、元気になります

悩みを共有し、憂鬱さを軽減できます。

協力し合えば勉強の効率を上げることができます。

※詳細は後日

 

f:id:kuro10kuroro:20170313100126j:plain

一方で良くない友情関係もあります。

お互いの傷を舐め合う関係です。

 

「あいつもできてないから

 自分もできなくていいや」

 

「あいつもやってないから

 自分もやらなくていいや」

 

そうやってお互いに低い位置にいる

ことで安心する関係です。

 

もし、それで不合格になったなら

相手が悪いのだと思い込み

最悪友情も崩壊してしまいます。

 

では、受験にプラスになる友情とは

一体どんなものなのでしょうか?

※友達を損得で選べというわけではないです

 

受験は個人戦競技

f:id:kuro10kuroro:20170310101359j:plain

受験期において良い友情

それは、

個人戦競技の部活の

チームメイトの関係です。

 

個人戦競技、テニス陸上などは、

例え同じクラブに所属していても

個人によって目指すところが異なります。

 

全国大会を目指すのか

県大会を目指すのか

 

しかし、一緒に練習することで

お互いを高め合い

個人で練習するよりも

いいパフォーマンスを発揮します。

 

大学受験も同様です。

良いライバル関係の友情を築きましょう。

 

お互い受ける大学・学部は

おそらく別々でしょう。

なのでまずは、友達を敵ではなく

ライバルとして捉えてみましょう。

 

そして、勉強面でお互いをサポートしましょう。

暗記科目で問題の出し合いなどは効果的です。

 

入手した情報は積極的に教えましょう。

実は教えた方もお得なのです。例えばこちら↓↓

kuro10kuroro-1.hatenadiary.jp

 

点数の伸び率を競いましょう。

点数ではなく伸び率にすることで、

公平に勉強の成果を競えます。

f:id:kuro10kuroro:20170313095628j:plain

では、もし受験を期に疎遠になった

友達がいるなら、今から連絡を取り、

 

明日一緒に勉強する

約束をしましょう。

 

お互いに悩みを共有し、

持っている情報を伝え合えば、

きっと今より成長できますよ。