読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

得意教科がなくても、他の受験生と圧倒的な差をつける方法。

f:id:kuro10kuroro:20170307163045j:plain

こんにちは、kuroiwaです。

今回考えたいのは

センター試験についてです。

 

人によっては、

センター試験なんて対策しなくてもいい

という意見もありますが、

僕は、反対の意見です。

 

つまり、

センター試験

しっかり対策しましょう!

と、声を大にして言いたいのです。

 

では、なぜそこまでセンター対策を

しっかりやる必要があるのでしょうか?

 

センター試験の対策をすべき2つの理由

理由1:センター試験は配点が高い

 

国公立大学の場合、

センターの点数二次試験の点数

合計点で合否を決めます。

 

もちろん大学にもよるのですが、

得点の配分で

センター:二次=8:2

に、なっているところもあります!

 

しかも、極端な例ではないのです。

少なくとも半分以上を占める

ことがメジャーです。

一度あなたの志望校の配分を調べてください。

 

しっかりとセンター試験

点数を取っておくことで、

受験に有利になります。

 

理由2:問題の範囲に偏りがなく、難易度も普通

また、センター試験の特性上、

難易度も普通で、範囲に偏りもありません

 

例えば、京都大学の英語を知ってますか?

見てもらえればわかりますが、

英訳と和訳しかないのです…

ちょっと恐怖を覚えます。

 

一方センター試験

全国50万人の学生向けに

作られています。

様々な学力層を想定しているのです。

 

決して簡単ではありませんが、

私立大学の問題よりも

圧倒的に癖が少なく、

対策すれば必ず得点源になるのです。

 

勉強したことが一番結果に反映される

そういった試験なのです。

 

夏頃からしっかりと対策を!

f:id:kuro10kuroro:20170307104732j:plain

僕がお勧めするのは、

夏頃から、

しっかりと対策すること

です。

 

夏休みに、少なくとも1回は

センター試験問題を

全科目解いている状態にしましょう。

 

問題を解きながら、

スピード感を含め、

センター試験を解く感覚

身につけましょう。

 

基礎の学習

といってもまずは基礎の学習です。

「センター対策〇〇」や「マーク式××」

といった問題集であれば

何を使ってもらっても大丈夫です。

 

1冊買って徹底的にやり込みましょう。

 

過去問をやり込む

何と言っても、過去問を解くことが

一番いい練習になります。

 

過去問の正しい使い方はこちら↓↓

kuro10kuroro-1.hatenadiary.jp

 

 

まずは、あなたが行きたい大学の

センターの配点を調べてみましょう!