MENU

わざわざ偏差値の高い大学を受ける意味はあるのか?

f:id:kuro10kuroro:20170307020405p:plain

こんにちは、kuroiwaです。

 

今回あなたに知ってほしいことは

難関大学を目指す意味です。

 

勉強で行き詰まるとつい考えてしまうのが

頑張って勉強して

難関大学を受ける意味って何?

ということです。

 

あなたは

 

なんとなく就職に有利だとか

なんとなく学費が安いからとか

 

漠然と国公立大学に行ったほうが良い

と思っているのではないでしょうか?

 

みんな目指してるし…

とりあえず自分も目指してみるか

 

僕の場合はこんな感じで決めました。

 

特に将来やりたいこともなかったですし

家の近くにその大学があったというのもあります。

 

しかし、今なら言えます。

難関大学を目指す意味は大いにあります!

 

今回僕があなたにして欲しいのは、

2つの真実を知った上で、

今後の大学選びを行なっていく

ということです。

 

では、早速、あなたに知ってほしい2つの真実を

伝えさせていただきます。

 

進路選択の際、知って欲しい真実

f:id:kuro10kuroro:20170307020930j:plain

真実1:圧倒的な成功体験になる

 

必死に勉強して、結果が出た時、

それは、圧倒的な成功体験になり、

あなたの自信へとつながります。

 

何か困ったことにぶつかった時

辛い受験を乗り越えた体験があれば

今回も乗り切ってやろう!と思えます。

 

それまで人に比べて優れていることが

見つからなかった僕にとっては

受験の成功体験はとても大きな支え

になりました。

 

真実2:残念ながら、就職に学歴は有利

 

もちろん学歴だけで全てが決まる

わけではありません。

 

良い大学に行っても就職活動を

まともにしなければ、良い会社

で働くことはできません。

 

しかし、もしある2人が、

同じような能力があって、

同じくらい就活を頑張ったら、

学歴の高い方が採用されます。

 

だいぶマシになったとはいえ、

僕の大学生時代も、現在も

この事実は存在し続けています。

 

どうやって進路を考える?

もちろん、良い会社に入ることが

幸せな人生に繋がるとは限りません。

 

しかし、もし今あなたにやりたいことがないなら

難関大学を目指すことをお勧めします。

 

あなたの自信に繋がり、

困難を乗り越える力がつくからです。

 

将来の選択肢の幅が広がるので、

やりたいことを見つけやすいからです。

 

「でも、受かる気しないんです。」

 

そのためにこのブログを用意しました!

 

順に記事を読んで、

書いてあることを実行するだけです。

 

まずはこのブログを

ブックマークしましょう!

追伸

他にも大学受験のコツをまとめたレポートがこちら↓↓

kuro10kuroro-1.hatenadiary.jp